口コミから徹底検証! おすすめ着圧・加圧ソックスガイド口コミから徹底検証! おすすめ着圧・加圧ソックスガイド

つらいむくみ足の強い味方!本当におすすめの着圧ソックス・加圧ソックス

効果の高さをサーモグラフィで検証!
着圧ソックス徹底比較!
TOP » 基礎から知りたい!着圧ソックスとは

基礎から知りたい!着圧ソックスとは

画像説明

このカテゴリーでは、着圧ソックスに関する基本的な知識についてさまざまな角度から説明していきます。

そもそも着圧ソックスとはどんなものなのでしょう?

着圧ソックスを知るためには、その特徴について具体的に知る必要があります。そこで、5つの観点から着圧ソックスについての情報を紹介。着圧ソックスを選び前に知っておきたいことや、選び方、購入してからの知識、そしてどんな人に向いているのか、向いていない人はどんな人か、などについて調べてみました。

是非購入前に熟読していただき、参考にしていただければと思います。

着圧ソックスの圧力の数値と締め方

着圧ソックスと他のソックスとの最大の違いは、圧力です。着圧ソックスを選ぼうとする時、商品説明で、よく目にする表示があります。 ヘクトパスカル、ミリメイトエイチジー。何のことやらさっぱりわかりませんよね?この表示の意味する所と見方を具体的に説明し、着圧ソックスを購入する時の目安となるような情報をお伝えします。

また、着圧ソックスは、商品ごとに足に掛かる圧力に違いがあり、ふくらはぎの締まり方にも影響が出てしまいますので、それぞれの締まり方や効果についてもお伝えしたいと思います。 正しい知識を持って着圧ソックスを使わないと、効果が薄まるどころか、身体への悪影響をももたらしてしまいますので、ぜひご一読を。

着圧ソックスの選び方

世の中に売られている数ある着圧ソックス。たくさん種類があるので、選ぶのに迷ってしまいますよね。ここでは、数ある着圧ソックスの中から、自分に適したものを選ぶのに大事な注意点をわかりやすくお伝えいたします。

着圧ソックスの圧力って?圧力っていうけど、ソックスに圧力を入れるのは、どうしてなの?そもそもの人間の身体の特性や足の筋肉の機能から考える着圧ソックスの正しい働きを見ていきます。 着圧ソックスは、足のどの部分に効果的な商品なのか?むくみのタイプや商品によって異なる着圧ソックスの選び方のポイント、意外に難しいサイズ選びについてもお伝えします。自分の足にぴったりフィットする着圧ソックスを見つけましょう。

着圧ソックスの使い方

着圧ソックスは、足のむくみに効果が期待できる反面、履いたり脱いだりに苦労するというデメリットもあり、それがきっかけで履くのをやめてしまう人もいるようです。また、履き方にも注意しないといけません。

例えば、伝染しやすい商品を選んでいたり、爪が伸びた状態だったり、使用期間が長すぎたりしていませんか?ここでは、着圧ソックスの正しい履き方や、やってはいけない履き方を紹介します。なるほど!と思える上手な履き方も伝授しますよ。 また、無理に履く、切る、折り曲げるなど、これはやってはいけないという使用法や誤った履き方により起こる身体のトラブルについても紹介します。着圧ソックスを正しく使うには、知っておいて損はない情報ですよ。

着圧ソックスのお手入れの仕方

着圧ソックスは、普通のソックスとは作りが違うため、正直、洗濯にも手間が掛かる商品となります。そんな手間を省くために、数ある着圧ソックスの中でピックアップした有名商品のオススメの洗濯法や乾燥法を調べ、詳しく取り上げていきます。

着圧ソックスを買ってはみたけど、お手入れが面倒くさくて、気がすすまないなー、と嘆くあなたへ。自己流の方法ではなく、持っている商品の正しい洗濯、乾燥法を確認して、素材の維持に努めましょう。 なぜ、着圧ソックスは、洗濯や乾燥に手間が掛かるのか?の理由を商品の素材の特性から、しっかりとお答えします。着圧ソックスの状態を安定的に維持し、長く使い続けるために必読の情報ですので、ご覧下さい。

着圧ソックスの使用に向いている人・向いていない人

着圧ソックスが、商品によって、様々な種類や特徴を持っているように、使う人にも、体質に合う人と合わない人の特徴が、それぞれあります。

ここでは、着圧ソックスを使うと効果がありそうな人、着圧ソックスを使うと、身体に悪影響が出てしまうので、注意が必要となる人の特徴を取り上げていきたいと思います。

仕事の性質や体質的にむくみが起こりやすい方などは、着圧ソックスを使用したほうがいいタイプ。内外の疾患を抱えている方は、使用するのに慎重にならないといけないタイプです。 それらのタイプを具体的に詳しくお知らせしますので、使用する前のご参考として下さい。正しく安全に使用する為の助けとなれば幸いですので、ご覧ください。

着圧ソックスの脚やせ効果

脚

着圧ソックスには、脚に適度な圧力を加えて水分が脚に溜まることを防ぐ作用があります。着圧ソックスを身につけることにより、脚のむくみや疲労感などを予防したり、軽減したりする効果が期待できるのです。

それだけでなく、着圧ソックスは脚やせ効果があることでも知られています。なぜ履くだけで脚やせ効果が得られるのか、その理由を知るために、まずは着圧ソックスとむくみの関係について解説していきましょう。

「むくみ」は組織液が溜まってしまった状態

先述の通り、着圧ソックスには脚のむくみを予防・軽減する作用があります。そもそも「むくみ(浮腫)」とは一体どのような状態を言うのでしょうか。

むくみとは、細胞間に存在する細胞外液が異常に蓄積されてしまった状態を言います。

細胞外液は毛細血管からにじみ出た液体のことで、通常は毛細血管に再吸収されたり静脈へ流れたりするのですが、リンパ管や血液の流れが悪くなると細胞外液が蓄積され、むくみが起こるようになります。

重力の関係で下股にはリンパ液や血液が溜まりやすくなっており、これらがスムーズに全身を循環するよう、ふくらはぎがリンパ液や血液を上半身へ送り出しています。言い換えれば、ふくらはぎは組織液を循環させるポンプのようなものなのです。

しかし、このポンプ機能の働きが弱まってしまうと、脚に組織液が溜まるようになります。これが脚にむくみが起こるメカニズムです。

参考:一般社団法人 日本呼吸器学会:下肢が腫れ(むくみ)ました

長時間同じ姿勢を続けているとむくみが生じやすい

では、どのような人に脚のむくみが生じやすいのでしょうか。脚のむくみは、一般的に長時間立ち仕事をしている人に起こりやすい症状です。また、立ち仕事に限らずテスクワークをしている人にも多く見られます。

どちらの仕事にも共通している点は「長時間同じ姿勢を続けている」ということです。同じ姿勢のまま長時間過ごしていると、リンパ液や血液などの循環が滞り、下股に水分が溜まりやすくなります。

また、睡眠不足や過度の疲労、加齢などがむくみの原因になることもあります。睡眠不足や過度な疲労状態が続くと、血液を送り出す機能の働きが低下し、脚にむくみが出やすくなるのです。

そしてふくらはぎなど脚の筋肉はポンプの役割を担っているため、加齢により筋力が低下すると、組織液を送り出す力が弱まり脚のむくみが起こりやすくなります。

このような原因で生じるむくみは一過性であるため、通常は休息を取ればおさまります。しかし、日常的に立ち仕事やデクスワークをしている人の場合、起床時にはむくみが取れていても、夜になると再び脚がむくんでしまうというケースが少なくありません。

さらに脚のむくみが続くことで、ふくらはぎのポンプ機能が低下し、むくみが改善しにくくなるという悪循環を招いてしまいます。

そのような時に役立つのが、着圧ソックスなのです。

着圧ソックスでむくみを取り除きスッキリした脚へ

上でも説明した通り、長時間同じ姿勢を続けたり、脚の筋力が低下したりすると脚のポンプ機能が弱まってしまいます。

着圧ソックスには、このポンプ機能をサポートし、むくみを防止する働きがあるのです。ポンプ機能を手助けする作用によって、脚のむくみが改善され脚やせ効果が期待できます。

また、着圧ソックスを身につけることで脚の筋肉太りを改善することもできます。ふくらはぎは筋肉が付きやすい一方、脂肪が付くことはあまりありません。そのため筋肉ばかりが付いてしまい、ぽっこりとした筋肉太りが起こりやすいのです。

ふくらはぎの筋肉は一度付いてしまうと落とすことが難しいため、脚の筋肉太りはなかなか解消されません。

そこでも有効なのが着圧ソックスです。着圧ソックスにはポンプ機能の役割があるため、着圧ソックスを履くことでふくらはぎにかかる負担が軽減され、筋肉が余分に付くのを防ぐことができます。その結果、脚の筋肉太りが解消され脚やせ効果が期待できるのです。

むくみの程度に合った着圧ソックスを選んで脚やせ!

では、脚やせ効果を得るにはどのような着圧ソックスを選べばいいのでしょうか。まず、着圧ソックスを選ぶ前に圧力の違いを理解しておく必要があります。

着圧ソックスのパッケージには、圧力の大きさを示す「mmHg(ミリエイチジー)」「hPa(ヘクトパスカル)」が記載されています。

などに用いられます。

hPaも同様に、数値が大きくなるほど圧力が高くなります。

これらの数値を見ると、「圧力が高いものを選べば十分な脚やせ効果が得られる」と思うかもしれません。しかし、圧力が高ければ脚やせできるというわけではないのです。

むしろ、きつすぎる着圧ストッキングを選んでしまうと、かえって血行が悪くなり脚に負担をかけてしまう恐れがあります。

重要なのは、自分の脚にピッタリと合う着圧ソックスを選ぶということです。きつすぎれば上述したように血行不良などの障害を招く恐れがありますし、反対に緩すぎると圧力が不足し十分な効果を得られない可能性があります。

むくみが軽い人は、mmHgやhPaの数値が低いものを選ぶようにしましょう。むくみが中程度の人は数値がやや大きめのものを、重度の人は数値が大きいものを選んでください。

ただし脚の太さや着用シーンなどで選び方は異なりますので、実際にいくつか試し自分に合うものを選ぶことが重要です。

そして、就寝時に着用する場合は、昼用ではなく夜用のものを選ぶようにしましょう。昼用の着圧ソックスは圧力が強めに設定されているため、就寝時に着用すると安眠を妨げてしまう恐れがあります。

また、日中に比べ就寝中は脚に組織液が溜まりにくいため、あまり高い圧力をかける必要はありません。着用するシーンによって、きちんと使い分けることが大切です。

着圧ソックスと弾性ストッキングの違い

着圧ソックスと同じ働きを持つアイテムとして、「弾性ストッキング」と呼ばれるものもあります。弾性ストッキングは主に医療用の着圧ソックスを指し、リンパ浮腫や下股静脈瘤などの予防を目的として使用されています。

着圧ソックスと弾性ストッキングには主に2つの違いがあります。

まず、医療用の弾性ストッキングは医師の診察を受けなければ購入することができません。そのため、市販の着圧ソックスのように店頭で気軽に買うということはできないのです。

また、医療用のものは市販の着圧ソックスに比べ圧迫する力が強い傾向にあります。

事前に医師の診察を受け、自分の脚に合った弾性ストッキングを選んでもらわなければなりません。また、医療用のものは市販品に比べ高価なものが多いため、経済的負担は大きくなります。

着圧ソックスを履く際の注意点

着圧ソックスを着用すると脚を長時間圧迫することになるため、時に蒸れや痒みが生じることがあります。肌が弱い人が着用すると肌が赤くなったりかぶれが起きたりする恐れがありますので、様子を見ながら使うようにしましょう。

また、一時的なむくみではなく病気が原因でむくみが生じている場合、着圧ソックスではむくみを解消できない可能性があります。

脚だけでなく顔や全身にむくみが出ていたり、重度のむくみが長期的に続いたりする場合は、何かしらの病気が関係している可能性も考えましょう。

むくみを伴う病気には、腎不全、肝硬変、橋本病、糖尿病性腎症、妊娠高血圧症候群などがあげられます。

内臓にむくみが生じた場合、呼吸困難など重毒な症状を引き起こすこともあるため、異変を感じたら放置せず一度検査を受けることをおすすめします。

自分に合うサイズの着圧ソックスを使用し、むくみのないスッキリした脚を手に入れましょう。

どれがポカポカになる?着圧ソックスを履き比べました!詳細はこちら
どれがポカポカになる?着圧ソックスを履き比べました!詳細はこちら
足のむくみの取り方
こんなときどうすれば?着圧ソックスに関するQ&A